オタクの中の戦い

オタクの中の戦い

彼の暗い目は猟りに行く捕食動物のようだ。戦う時の彼の顔は無表情だ。そしてすべての動きに100%集中する。 ケージの外の世界は存在しないようだ。彼の名前はキン・”コング”・モイ。近い将来に彼はMMAのスカイツリーの天井に登るだろう。

昼間キン・モイはクラーク・ケントのようである。現在彼は眼鏡の製造、販売に携わる仕事をしている。彼は人間に関わることをすることが好きなので、販売をより好む。MMAの初めての観客は、ファイターは人間に関わることをすることが好きではないと思うだろう。しかし、キン・モイの対人能力は彼の戦闘能力と等しい。彼の人を理解することに対する関心は試合での対戦相手を理解しやすくする。

実はキン・モイはオタクである。子供の時は本物のストリートファイターになるというよりはストリートファイターのテレビゲームを家でずっとしていた。彼はある時充実していない人生を送っていることに気付き、何かの経験が足りていないと感じた。これ以上時間を無駄にしないために、彼は全力で集中して毎日練習に取り組み、週末には友達とサルサを楽しむ。キン・モイは悪夢を夢を得るために使う。

もしキン・モイは格闘技をしていなかったら、お菓子を食べながらマンガを作っていただろう。彼の父は初めて彼に格闘技を教えた。彼にとって彼の父は完璧な格闘家である。キン・モイはRedline FIght Sportsで練習している。そして彼は他の人の評価を気にしない。しかし、意見が欲しい時は彼の父に聞くだろう。

キン・モイの格闘技に対する愛は彼をボストンでトップクラスの選手にする。

和術彗舟會HEARTS - Tokyo Impactトレーニングキャンプ

和術彗舟會HEARTS - Tokyo Impactトレーニングキャンプ

パンクラス20周年記念分析:必要な点

パンクラス20周年記念分析:必要な点