パンクラス20周年記念分析:長所

パンクラス20周年記念分析:長所

2013年9月29日にパンクラスは20周年記念イベントを行った。 90年代ハイブリッドレスリングルールでよく知られていたパンクラスは現在全体的に総合格闘技のルールを使っている。パンクラスは選手がUFCやOne FCから注目を集めるための小さい組織ように見えるが、バス・ルッテン、 ケン、フランク・シャムロック、 ガイ・メッツァー、船木誠勝、そして モーリス・スミスのような伝説的選手が戦った初代の中心的組織であった。現在の日本の格闘技の事情では、総合格闘技の組織がPride FCやK-1が以前行っていたような大きさのイベントを行うことは難しい。今回のパンクラス20周年記念イベントでは長所、短所、必要な点がそれぞれあった。

最近日本で総合格闘技はあまり人気ではないが、パンクラスは毎月イベントを行っている。 パンクラスは総合格闘技の新しいルールを取り入れることを通して他の有名な組織と同じレベルにある。総合格闘技は世界で二番目に人気なスポーツであり、日本で長い歴史を持つ。これらの理由からパンクラスは新しい基準を作っている。

近頃パンクラスはケージを用いたイベントを行っているが、まだメインイベントはリングを用いている。リングは他のケージを使用する組織からパンクラスを区別する。そしてリングは日本の総合格闘技界の進化に大きな役割を果たした。

パンクラスの工夫された入場のセットアップにより、選手達は自由に入場をアレンジ出来る。楽しい入場をする選手達を観客はより注目する。あまり知られていない選手でも、面白い入場を行うとファンを増やすことが出来る。パンクラスのイベントの特別なことは音楽、リングガール、そして時々登場するマスコットである。これらは観客に特別な日本の総合格闘技の経験を与える。

現在パンクラスのイベントに有名な選手はいない。しかしパンクラスは有名なファイトチームの選手を招待するのが得意である。普通観客はフェリペ・オリビエリを知らないが、UFCのフェザー級チャンピオン、そしてバンタム級チャンピオンが所属するファイトチームであるノバ・ウニアオの選手とマッチアップさせることで観客を興奮させる。パンクラスが日本の選手と海外の強いファイトチームに所属する選手をマッチアップすることを続ければ、未来のベストファイターは今のパンクラスで戦っているだろう。

パンクラス20周年記念分析:短所

パンクラス20周年記念分析:短所

メリー ソウ・エクスぺリエンス

メリー ソウ・エクスぺリエンス