パンクラス20周年記念分析:短所

パンクラス20周年記念分析:短所

2013年9月29日にパンクラスは20周年記念イベントを行った。 今回のパンクラス20周年記念イベントでは長所、短所、必要な点がそれぞれあった。

キング・オブ・パンクラスは90年代に正当なチャンピオンに送られる言葉だった。今日パンクラスのタイトルは滅多に守られない。無差別級チャンピオンはUFCのファイターである。ミドル級チャンピオンは一年以上タイトルを守っていない。そしてミドル級チャンピオンは20周年記念イベントで全盛期を過ぎた選手と戦った。戦うための王冠がないにも関わらず、キング・オブ・パンクラスは存在するのか。

フライ級とライト級のチャンピオンシップは素晴らしい試合であった。しかし、これらの試合こそがメインイベントである川村亮VS高橋義生の試合よりも多くプロモーションされるべきであった。メインイベントのお陰でチケットの売り上げは少々上がったが、マルロン・サンドロVS内村洋次郎の試合後に観客の数が減ったように思えた。パンクラスは初めの10年から立ち去って次の10年について集中するべきである。

パンクラスのイベントは大抵多くの試合から形成されている。見せ物試合は平均的な観客を飽きさせてしまう。見せ物試合はプロモーションイベントだけに限られるべきだ。イベントのゴールは常に観客がより試合を見たいと求めることであるべきだ。


パンクラス20周年記念分析:必要な点

パンクラス20周年記念分析:必要な点

パンクラス20周年記念分析:長所

パンクラス20周年記念分析:長所